南の島に行ってカゼをひいた話

弥生、3月とはいえ、春は名のみ。この東京地方の寒い冬はまだ居座っています。だから、南国・沖縄へ行くことが決まってから、その日が待ち遠しくて、待ち遠しくて・・・出発の前日には夏日を記録したと聞いて、ますます期待がふくらんだのでした。暖かい南国へ、ルンルン、るんるん。 ところが、どっこい、沖縄はその日からドヨ~ンと曇った肌寒い日が続き…
コメント:2

続きを読むread more

春のにおい

寒い、寒いと言ってきたこの冬。でも先週末には急に気温が上がり「春一番」も吹くなどして、だんだん春の気配を感じるようになりました。 きょうは朝から雨。冷たい雨に打たれて、いつも元気な子どもたちも肩をすぼめて歩いていました。夕方にはみぞれ。一時は、雪まじり。デパートのショーウィンドウは、「春」をうたっているけれども・・・やっぱ…
コメント:5

続きを読むread more

伊東・小室山つばき園にて

それは、たいそう寒く、風の強い日でした。 海を見に伊東へ行ったのですが、強風のため遊覧船は運行休止となり、予定変更。まだ時期ではないけれど、もしかしたら、少しはツバキの花が咲いているかと淡い期待を抱いて、小室山へ向かったのです。クリスマス・イブでした。 だいぶ前にいちど来たことがありますが、以前よりも高い木がずいぶん多くなっ…
コメント:5

続きを読むread more

早く咲いたウメ

けさも電車の窓から、きれいに雪をかぶった富士山を見ました。 白い雲は、強い風にちぎれちぎれて、すぐに、いずこへか流れてしまい、視界いっぱい、おおむね青空です。ただし、青は青でも東京の空は濁っていますが。 冬の富士山遠望は、まるめた背中を伸ばす効果があるよ…
コメント:9

続きを読むread more

うそでしょ!?

秋深まるこの時期、必ず話題になるものといえば、紅葉と松茸。ことしは紅葉が例年以上に美しいといわれ、紅葉狩りに出かける人も多い。私は遠出をしないけれど、日常の街歩きのささやかな範囲内で街路樹の紅葉を楽しんでいます。たとえば、緋色のこのニシキギ。 都内のイチョウも黄葉(11月23日)。東京の秋はなんといっても、イチョウの葉が照り映…
コメント:12

続きを読むread more

街の紅葉

雲ひとつない、こんな日は、どこか遠くに行きたいな・・・と思う日が11月に入り何日もあります。3日の文化の日も、おとといも、きのうも。 この建物はドラッグストアなんですけど、この前を通ると目が覚めます きょうは少し雲があったものの、やっぱり晴れて青空。小春日和でした。 ただし、青空なのに、富士山…
コメント:4

続きを読むread more

ウバユリとヤナギラン

きのうの秋分の日、満月でしたが、終日雨。前日より気温がぐっと下がって肌寒い一日でした。真夏から一気に秋の深まりを感じます 夏のあいだ、あまりに暑くて頭がぼーっとし、今ごろになって夏の記憶の整理をしています 高原で見たウバユリです 街では見たことがない…
コメント:7

続きを読むread more

暑さ寒さも彼岸まで

東京は、22日も、日中は30度を超える真夏日。埼玉県では35度を超える猛暑日でした。ふぅ~。 あまりの暑さに爆裂した我が家のゴーヤ 東京は、5月21日に30度を記録してから9月22日までのあいだに、真夏日がなんと71日もあったのです。 毎日、「熱中症」が話題にのぼりました(この場合の「中」は「あたる」という意味)。熱に…
コメント:0

続きを読むread more

6月のコスモス

私の居住地は、この夏、まるで亜熱帯のようでした。気のせいか、昨年より、セミも、虫も、鳥も少なかったように思います。30度から35度を超す、あまりに暑い日が続いたせい? カンカン照りだった日々にピリオドを打ったのは雨雲です。ここ数日、午後に雷雨があり、地表の熱を冷やしてくれました。 きょうは降っていませんが、朝から曇っ…
コメント:3

続きを読むread more

久しぶりに

雨が降りました。 台風9号くずれの熱帯低気圧がもたらした雨。 ところによってひどい降り方をしたようですが。 しおれていた植物も私も待ち焦がれていた雨です。 異常な暑さと闘う毎日が続き、息も絶え絶え(オーバーな)… だったのですが、今夜は雨が降っていくらか涼しくなったようで。 ちょっと元気が戻ってきまし…
コメント:4

続きを読むread more

月桃の花

きのうの午後から小雨がぱらぱらと降ったりやんだり、天気はどうもぱっとしない。 梅雨らしい空模様といえば梅雨らしいけれど、でも、九州や中国・四国のような大雨には程遠く、ほんの少ししか降っていないのです。大気は蒸し蒸しして亜熱帯みたいですが。 今年も、月の桃、咲きました。梅雨時に咲く花、月桃(ゲットウ)です。 梅雨空に…
コメント:4

続きを読むread more

雨降花

あめふりばな。広辞苑にも載っていることばですが、2年前、雑誌で読むまで私はこのことばを知りませんでした。 雨の花。といえば、この時期、アジサイを連想しがち。でも「雨降花」というのは、雨が似合う花という意味ではなさそうです。 その花を摘んだら雨が降る・・・と言われている花が、「雨降花」なのだそうです。どうやら信州や、北関東から…
コメント:15

続きを読むread more

ユキノシタ、どこの下

ネコのひたいより狭いスズメのほっぺほどのわが庭には、出身地あちこちのいろいろな草木が、ところ狭しとひしめき合っていますが、このユキノシタは、12年くらい前に、横浜市の知人の庭からやってきた浜っ子です。 地植えにしたオリヅルランの猛烈な繁殖ぶりの前に陣地を奪われ続けたユキノシタ、とうとうオリヅルランに屈服して消えてしまった・・・と思…
コメント:5

続きを読むread more

風薫る

5月。爽やかな好天が続いています。爽やか…というか、日差しが暑い。でも、風が快い。わずか半月ほどで、季節が一気に進みました。 雪が降ったのはついこの前だったような気がしますが、きょう、5月4日は各地で摂氏30度前後の最高気温を記録しました。あす、暦の上では「立夏」。もう半袖姿もおかしくない季節です。 おかしい、と思うのは、こ…
コメント:12

続きを読むread more

春の雪

きのう(4月17日)、起きたら雪が積もっていた。 温度計を見たら室内でも14~15度。ベランダでは、う、う、う。寒い! 摂氏4~5度ですよ。 当地では、すでに桜の花が散り、 庭にはツツジが咲いているというのに 雪が薄く積もった4月17日の朝 前日の16日も寒かった。最高気温7度でした。一日中、冷たい雨が降り続き、その雨が…
コメント:10

続きを読むread more

ふだん着の桜(2)

どこにでもあるような名もない桜の木ですが、春になれば、近所でも、いろいろな桜が咲きます。 咲くや 咲くらん この花 木の花 桜の花 神話の「コノハナサクヤヒメ」は 桜のように美しい姫であったとか ヤマザクラ系でしょうか赤っぽい葉とともに咲く花もあれば、ソメイヨシノでしょうか葉なしで花だけ先に咲く花もあります。一重の清楚…
コメント:8

続きを読むread more

ふだん着の桜(1)

春だから桜を見るのか、桜を見るから春なのか・・・ 春なのに、桜を見ないわけにいきませんね。 観桜の旅には今年も残念ながら行けなかったのですが、ふだん見ている桜もなかなかのもの。私の日常の暮らしの場にある桜をご紹介しましょう。 まず河津桜(カワズザクラ)です。 その名のとおり、静岡県の河津町(かわずちょう)で発…
コメント:2

続きを読むread more

小さな庭にも・・・

春が来た。と言いたいところでしたが、昨日は、朝から雲が広がり、ぱっとしない天気で、やけに肌寒い日でした。花冷えか・・・(ハックション)。遠出は控え、近所で花見。桜はすっかり満開、散り始めていましたよ。 でも、南面するわが小庭には、今がさかりのブロッコリの花が、小さな小さな「菜の花畑」の様相です。 4月3日、陽射しを浴びて輝く…
コメント:10

続きを読むread more

咲いた花 まだ咲かない花

早いもので明日から4月。この3月は、真冬に逆戻りしたような寒くて暗い天気が続きましたが、雨上がりには、かわいい草花の姿も見られて、楽しい日もありました。 ヴェロニカ・ペルシカ。小さな青い花のいっぱい群れて咲く姿が好きです。でも、和名(オオイヌノフグリ)は好かん。 そこで、私は勝手に、次のように呼ぶことにしました。 …
コメント:10

続きを読むread more

5×5=25

こんなにたくさんの花びらを見たの初めてなんです。これ、シクラメン。 窓辺に置いている鉢植えのシクラメンは、常に30個以上、多いときは50個ほどの花をつけていますが、この2月、そのなかに1輪ひときわ大きな花があることに気がつきました。花びらの数がふつう5枚なのに、大きい花は、やけに多い。花びらがあまりに多すぎてイナバウアーで…
コメント:10

続きを読むread more